お電話でのお問い合わせは本社人材開発部直通03-3210-1217

夢探索カフェ

プロジェクトマネージャー 2017年入社 荏畑 直人

警察官から建設業界へ

警察官になったのは、似たような仕事をしていた父の影響です。でもいざやってみたら、自分には向いていないことが分かりました。 次の仕事を考えた時、何か成果が目に見えるものがいいなと思うようになって。それから建築業界の検討を始めました。 地図に残るというダイナミックなところに惹かれたんです。大きな建物を指さして「あの建物の建設に関わったんだよ」って言ってみたい。 だけど、私は建築学科の大学も出ていませんし、前職は全く無関係の仕事。でも夢真は未経験者も大丈夫とのことだったので、 思い切ってこの業界へ飛び込みました。

最高の施工管理を目指して

現場での作業は、一人ではできないことが多い。例えば、スケールを立てて高さを図るのにも資材を運ぶにも二人の方がいい。 他にもCADで細かい図面の修正をしたりと、簡単なお手伝いから始めさせてもらいました。 おかげさまで、少しずつ、専門性の高い仕事もできるようになってきました。 仕事が楽しくなってくると、日ごろ、目に映る建設現場が見過ごせなくなってきて 「いつか自分もこんな大きな建物を建ててみたい」「この器具は何だろう」とか思うようになってきました。 地図に残る仕事ということが1番のやりがいですが、仕事をしてみると、誰かの役に立てた時が一番嬉しい。 ささいなことでも、みんなから感謝の言葉をもらうと、もっとがんばりたいという気持ちになります。 みんなが頼ってくれる建築のプロフェッショナルへ。現場をリードする最高の施工管理を目指します。

仕事風景PHOTO

この業界は一人前になるまで10年と言われていますが、サッカーで鍛えたスタミナがあれば、もっと早くたどり着くことができるはず。

応募フォームへ